エンタメ

【M愛すべき人がいて】輝楽天明は小室哲哉?!悪意があると言われているのはなぜ?

浜崎あゆみさんの自伝的小説「M 愛すべき人がいて」を原作としたドラマが4月18日に始まりましたね!

皆さんもうご覧になりましたか?

突っ込みどころ満載だとネット上で盛り上がっているようです。

その中でも、登場人物として出てくるカリスマ音楽プロデューサー「輝楽天明(きらてんめい)」について、

「あの人がモデルなのでは・・・?」

と話題になっています。

輝楽天明って・・・
きらてんめいって・・・

イニシャルT・Kじゃん!!!!

多くの方が気付いているかと思いますが、輝楽天明について調査していきたいと思います!

輝楽天明のモデルは小室哲哉って本当?

「M愛すべき人がいて」に登場する輝楽天明とはいったい何者なのでしょうか?
あらすじから輝楽天明の役柄を把握してみます。

「M愛すべき人がいて」あらすじ

1993年、福岡から祖母・幸子(市毛良枝)とともに上京してきたアユ(安斉かれん)。東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユだが、そう上手くはいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。

そんなある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友)から六本木のディスコ・ベルファインで、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサ(三浦翔平)が次のスターを探していると聞いたアユは、理沙と一緒にベルファインに行くことになる。

一方、会社の売上をカリスマプロデューサー・輝楽天明(新納慎也)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の大浜(高嶋政伸)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。一蹴されたマサに眼帯姿の秘書・姫野礼香(田中みな実)は、「私は昔からマサのすごさを知っている」と優しい言葉を掛けるが…。

 その夜、いつものようにベルファインのVIPルームに赴いたマサは、直属の部下・流川翔(白濱亜嵐)に「お前が売れると思うやつを連れてこい!」と指示を出す。フロアに降りた流川は、次々と女の子に声を掛け、VIPルームに連れて行く。

その中には、流川イチオシの理沙と無理についてきたアユの姿もあった。緊張しながらマサの前に並んだアユだが、女の子の顔を見て次々と切り捨てていくやり方に、つい反抗的な態度を取ってしまう。

 翌日、堂々と自分に意見した姿に初めて心を動かされたマサからアユに電話が…。
平成の歌姫誕生に隠された物語がいま、幕を開ける――。

引用:M愛すべき人がいて公式サイト

「A VICTORYの売上をカリスマプロデューサー・輝楽天明が一人が担っている」
「輝楽ブーム」

この言い回し、どう考えても小室哲哉さんだと思うのですが・・・。

  • A VICTORY → avex
  • 輝楽天明(T・K) → 小室哲哉(T・K)
  • 輝楽ブーム → 小室ブーム

実際1990年代半ば、小室哲哉さんのプロデュース楽曲がオリコンチャートの上位を埋め尽くした現象のことを「小室ブーム」と呼んでいました。

当時は飛ぶ鳥を落とす勢いで、発売されるCDのほとんどが爆売れしていましたね。

小室さんがプロデュースしたアーティストたちを「小室ファミリー」とも呼んでいて、90年代音楽界のトップにいたと言っても良いくらいの存在だったかと思います。

そう考えると、やっぱり輝楽天明のモデルは間違いなく小室哲哉さんだと思います!

 

輝楽天明(きらてんめい)

ごめんなさい。見た時めちゃくちゃ笑いましたw
小室さん絶対こんな感じ違いますわ!

そもそも「輝楽天明」というキャラクターは原作には登場しないんだとか。

けれども、avexは小室哲哉なしでは語れないですし、ドラマでは登場させたのかなぁなんて考えます。

けど、、、めっちゃ化粧してるじゃん!どういうキャラ設定?w

スポンサーリンク

輝楽天明が小室哲也役で悪意があると言われているのはなぜ?

カリスマ音楽プロデューサーとして90年代に社会現象を巻き起こした小室哲哉さんが、まさかの「輝楽天明」という似ても似つかない役でドラマ化されているということに「悪意を感じる」と言われるのはもちろんですが、それだけではありません。

こちらをご覧ください。
誰がどの役を演じているのか比べてみました。

 

浜崎あゆみ

↓↓↓

安斉かれん

世間ではいろいろ言われていますが、私はこのキャスティング良いと思いました!
かれんちゃん、avexのアーティスト感すごい出てる。

 

松浦勝人

↓↓↓

三浦翔平

えっと、、、
ん????
コメントは控えさせていただきます。

 

小室哲哉

↓↓↓

新納慎也

一応、もう一度・・・
何度見てもひどいw
本当は新納慎也さんって、とてもカッコイイ俳優さんなんですよ!
それは後ほどご紹介しますね。

 

比べてみても分かるように、小室さんの役だけあまりにも現実にそぐわないのです!
(違う意味では小室さんだけではありませんが・・・)

実は、avexの代表取締役の松浦勝人さんと音楽プロデューサー小室哲哉さんは、金銭絡みのトラブルがあったようで(現在も?)不仲なようです。

2019年末、松浦さんが小室さんへ批判のツイートをしています。

globeのKEIKOさんの名前を出している時点で、間違いなく小室さんへ向けたメッセージでしょう。

これらのことから、もしかしたら今回悪意のあるキャスティングは意図的だったのかもしれないと考えることもできます。

スポンサーリンク

輝楽天明役の新納慎也ってどんな人?

新納慎也プロフィール

  • 名前:新納慎也(にいろしんや)
  • 生年月日:1975年4月21日(44歳)
  • 身長:180cm
  • 血液型:A型
  • 出身:兵庫県神戸市
  • 所属事務所:ワタナベエンターテインメント

16歳の時にスカウトされたのをきっかけに、モデルの仕事をはじめ、CMや雑誌なので活躍していました。

俳優を目指して20歳で上京。

1997年からNHKの「にこにこぷんがやってきた」で歌のお兄さんとしてレギュラー出演をします。

その後はミュージカル俳優として活躍し、個性的な演技が評価されます。

 

最近では、「真田丸」で「豊臣秀次」役を務め、最終回放送後は視聴者から「秀次ロス」が起きるほどの人気に!

新納さん、素敵な俳優さんですね♪
なぞのメイクをした輝楽天明も本人は楽しんで演じているようですよ。

スポンサーリンク

「M愛すべき人がいて」輝楽天明は小室哲哉?!についてのまとめ

この記事では、「M愛すべき人がいて」に登場する輝楽天明は小室哲哉さんだろうということが分かりました。

見た目のインパクトが強すぎるTKですが、色々突っ込みどころを探しながら視聴するのも楽しいかもしれませんね。笑

私はこのドラマで初めて新納さんを知りましたが、とても個性的な方で出演作品を見てみたくなりました。

最後までご覧いただきありがとうございました!