織田裕二が世界陸上キャスターを最後にしたのはなぜ?ギャラや復帰・復活も解説!|Enjoy Life
トレンド

織田裕二が世界陸上キャスターを最後にしたのはなぜ?ギャラや復帰・復活も解説!

織田裕二さんが世界陸上のキャスターを降板した理由は何だったのでしょうか?

長年視聴者を魅了してきた織田裕二さんの突然の降板に、多くの人々が注目しています。

降板の裏側にある理由、ギャラの問題、そして将来の復帰や復活の可能性について詳しく解説します。

織田裕二さんの陸上愛に溢れたキャリアと、将来の展望について、深く探ります。

ぜひ最後までご覧ください。

この記事で分かること

●織田裕二さんが世界陸上のキャスターを卒業した理由
●織田裕二さんが世界陸上を現地観戦している可能性
●織田裕二さんが世界陸上キャスターに復帰する可能性
●世界陸上の新キャスター

 

織田裕二世界陸上降板はなぜ?世界陸上のMCを卒業した理由を解説!

織田裕二さんが世界陸上のMCを卒業した理由について、以下の要素が挙げられています。

番組中のセクハラコメントが問題視された

織田裕二さんが2022年の世界陸上で、金メダルと世界新記録を達成したシドニー・マクラフリン選手(22歳)へのコメントが波紋を呼びました。

織田裕二さんは「これ以上の成果はないでしょう」とマラフリン選手の素晴らしい業績を讃えた後、新婚であることに感動し、次のような発言をしてしまいました。

 

結婚しました、新婚です。もう、すぐ子供を産んじゃうんでしょうね
出典:女性自身

 

現代では、妊娠や出産についての話題は非常に微妙で、慎重に扱わなければ批判されることが多いです。

織田裕二さんが真面目を持っていたわけではないにせよ、この発言に対して不快に感じた人々も少なくなく、「人それぞれの人生設計」「明確なセクハラ」といった非難の声が上がったのです。

ついでに、このコメントが2022年の世界陸上での出来事であったため、MC卒業の直接的な理由は言うまでもありません。

今はコンプライアンスが厳しい時代になったよね。

スポンサーリンク




 

発言が生放送向きではない

織田裕二さんの発言に対して、視聴者から「ドキドキする」ような反応が見られたことから、降板の理由となったのかという見方も存在します。

そこで過去の発言をいくつか挙げてみると、以下のようなものがあります。

  • ケニアとモロッコの選手を比較して「顔見て、同じアフリカと思えないほど違うでしょう」
  • 世界記録に勝てなかった選手に対して「世界記録を出さないでと願っていました」
  • 女子三段ジャンプの選手に「かわいいです」とコメント
  • 女子3000m障害のアメリカの選手に「きれいと3000m障害というギャップのすごさ、たまらない魅了です」
  • 男子400mマラソンのノルウェーの選手に「すごい白人選手が出て来たと思います」

 

織田裕二さんが差別的な意図を持っていたわけではないと思われますが、人種や行為に関連する発言に対して、懸念していると感じる人も少なくありませんでした。

世界陸上は生放送されるため、その瞬間に目にしたことを一般の人々に向けて瞬時に言葉にするのは困難な場合もあるでしょう。

この件については、連盟からのクレームもあったようです。

日本人はどうしても人種意識が身近に感じられないのかもしれないね。

しかし、織田裕二さんの率直でインパクトのある発言は今回が初めてではなく、以前より感じられる部分もあるかもしれません。

MC卒業の真の理由は、他にも様々な要素が関わっている可能性があります。

スポンサーリンク




 

クレームによりモチベーションが低下

織田裕二さんの降板について、視聴者だけでなく日本陸上競技連盟からもクレームが寄せられ、降板要求があったとされています。

このような状況が、MCとしてのモチベーションを下げたのではないかとの見方もあります。

しかし、織田裕二さんのMCの続投を強く闘っていたことが伝えられ、ギャラを半額にしても再交渉を試みたという噂も存在します。

 

『週刊文春』(文藝春秋)で報じられたように、2009年にはTBSを挟んで、陸連と織田側が『純粋なスポーツ中継にしてほしい』『それなら降りる』と衝突しています。また、今回いよいよ続投が危険視された織田は、ギャラ3000万円を半額の1500万にしてでも続投したいと希望したと、『女性自身』(光文社)で報じられました
出典:エキサイト

 

この強い意志は、陸上への深い愛情から来ていると言われています。

織田裕二さんは、選手とのコミュニケーションを重視し、カメラが回っていない時でもさえも、競技観戦に熱心だったとされています。

陸上への情熱は、テレビの向こう側からよく伝わってきていたよね。

このような背景から、クレームがモチベーションを下げたということは考えにくいようです。

織田裕二さんの陸上への情熱と熱意は、降板の理由とは別の要素によるものである可能性が高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク




 

世界陸上の番組視聴率が下がった

織田裕二さんの世界陸上からの卒業について、視聴率の減少が関係している可能性もあると言われています。

以下は、過去5年間の世界陸上の視聴率の時間です。

【2013年】23.1%
【2015年】19.9%
【2017年】13.6%
【2019年】12.1%
【2022年】11.8%

各大会で素晴らしい瞬間があったにもかかわらず、テレビからの遠ざかりが影響して、視聴率は年々減少している傾向にあります。

この視聴率の低下は、この番組限りではありませんが、織田裕二さんの卒業の先にある理由の一つとして、考慮する価値があるのか​​もしれません。

スポンサーリンク




 

大物俳優を起用する予算が番組にない

織田裕二さんが世界陸上で受け取っていたギャラは、約3000万円とされています。

しかし、最近のテレビの視聴傾向の変化により、番組制作費の削減が進んでおり、視聴率も下がっています。

このような状況下で、3000万円というギャラは維持が困難になってきたないかもしれません。

最近のテレビは予算がかかってない感じは確かにするよね。

この問題は世界陸上限定ではなく、長く続く番組がやがて終了している現象とも関連しているといえるでしょう。

2021年から2023年の間に終了した番組の一部を以下に示します。

【この差ってなんですか?】
 2015年4月12日〜2021年3月2日
【スーパーサッカー】
 1993年10月3日〜2021年3月29日
【ぴったんこカンカン】
 2003年4月15日〜2021年9月24日
【クイズ!THE矛盾】
 2020年4月13日〜2022年9月12日
【炎の体育会TV】
 2011年10月10日〜2023年3月18日

多くの人々に愛されていた番組が終了するのは、感慨深いものがあります。

世界陸上においても、コスト削減の意思として、織田裕二さんの降板が決定されたのかもしれないという見解があります。

スポンサーリンク




 

アリソンフェリックス選手が引退

織田裕二さんが世界陸上から卒業背景にするに、アメリカの元陸上選手・アリソン・フェリックスさんの引退が影響しているのではないかという意見が一部で存在しています。

織田裕二さんは、アリソンフェリックスさんを特に支持していましたが、この二人の関係を温見守っていた視聴者も沢山いました。

 

2005年のヘルシンキでの世界陸上大会から始まり、8大会にかけてアリソン・フェリックスさんの活躍を見守り続けてきた織田裕二さんにとって、彼女の引退は大きな節目であったかもしれない。

真実は定かではありませんが、自分にとって特別な選手の引退が、MCとしての卒業を考える良いタイミングだったかもしれないという見方もあります。

出典:Yahoo News

スポンサーリンク




 

年齢による体力の問題

織田裕二さんの年齢を考慮すると、体力的な負担があったのかもしれないという視点も存在します。

彼が世界陸上のMCに選ばれたのは、1997年で30歳の時でした。

2023年8月時点で55歳の織田裕二さんは、まだ活力に満ちていますが、世界陸上のMCとしての役割は非常にエネルギーをしっかりとしたものであることが予想されます。

キャスターには、どうしても長時間勤務が強いられてしまよね。

外国で約10日間長時間連続の長時間生放送、選手たちに対する詳細な調査、現地と日本中間中継調整、番組宣伝など、広範囲にわたる活動が求められるため、体力的な面での卒業を考えなければポジティブな側面もあったと言えるでしょう。

出典:Yahoo News

スポンサーリンク




 

25年の節目をきっかけに番組のイメージ転換

織田裕二さんがイメージ世界陸上のMCを務めて25年という大きな節目を迎えたことから、これを機に番組の新しい育成の決意として卒業したのかもしれません。

インターネット上では、「残念だが、良いタイミングでの区切りだ」といった意見も見られました。

スポンサーリンク




 

難病が悪化した可能性

織田裕二さんが重度のアトピー性皮膚炎に悩んでいるという情報があることはあまり広く知られていません。

それがMC卒業の理由になったとするウェブサイトも存在しているようですが、現代の医療技術では大会期間中だけでも症状を制御できることがはずです。

一定期間を海外で過ごすのは、結構なハードワークだよね。

アトピー性皮膚炎が卒業の直接的な原因であるという説には、実際としては少し疑問が残ります。

出典:東洋経済

スポンサーリンク




 

俳優業に影響を与えた可能性

織田裕二さんは、俳優としても多岐にわたって活動しており、世界陸上中継途中、ドラマや映画などの仕事も構想していました。

その期間中に、他の業務を進めるのは困難だったと予測されます。

世界陸上中継を最優先にしてきましたが、俳優としての活動に多少の影響を与えてきた可能性は否定できないと言えるでしょう。

人気映画・ドラマの出演が多いから、両立は大変だろうね。

スポンサーリンク




 

織田裕二が世界陸上を自腹で現地観戦?

織田裕二さんが世界陸上のMCを退いた後も、自分の費用で現地に赴き観戦するという話が飛び交っていました!

 

いまや世界陸上をライフワークと公言している織田さんは、周囲に今回は自腹で現地に行くつもりだと話していました。
出典:dmenuニュース

 

現在、織田裕二さんはドラマ『シッコウ!!〜犬と私と執行官〜』に出演していますが、世界陸上開始までには撮影が完了するようです。

織田裕二さんが何かしらの方法で番組に参加する可能性もあると言われていますが、具体的なことはまだ明らかになっていません。

インターネット上では、「織田裕二さんが始まらない」という意見も見られるほど、彼の特別出演が期待されています。

織田裕二さんの名言を、もう一度聞きたいね!

スポンサーリンク




 

織田裕二が世界陸上のキャスターに復活する可能性はある?

2025年・世界陸上東京大会に、織田裕二さんがキャスターとして復活するという噂があります。

その理由として、以下の4点が挙げられます。

  • 今でも高い人気を誇る織田さんを採用しやすくなった。世界陸上の報酬について、織田さん側は減額しても気にならないという噂がある
  • TBS側は「織田裕二ロス」がここまで広がるとは予想していなかった
  • 次回の2025年東京に向けて、織田さん自身も感じ続ける深い思いがあるが、キャスターとしての復帰が実現すれば、盛り上がるのは確信される
  • 視聴率の上昇によって、織田さんの報酬分も回収可能であるとの声がある
復帰すれば、まさに「キター」だね!

スポンサーリンク




 

なぜ織田裕二が世界陸上のキャスターになったの?

織田裕二さんのパーソナリティーが大きく影響し、TBSがメインキャスターに選んだのです。

その後、12大会連続でメインキャスターを務め、番組の象徴的な存在となりました。

1997年、織田裕二さんは中井美穂さんとともに「世界陸上」のメインキャスターに抜擢されました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

中井美穂(@mihonakai2021)がシェアした投稿

当時、織田さんは1987年に芸能界デビューしてから10年が経過し、多くのドラマで主演を務めました務め、歌手としてもヒット曲を出していました。

しかし、当時は陸上競技について詳しくなかったとされています。

今の時代ではなかなか考えづらい人選だよね。

スポンサーリンク




 

世界陸上の新キャスターは誰?

2023年の8月19日から始まった世界陸上と、9月に開催されるアジア大会の総合司会およびスペシャルキャスターが発表されています。

出典:世界陸上

江藤愛アナウンサーは、その明るく、無邪気な性格で親しみやすく、石井大裕アナウンサーは、スポーツへの情熱的な姿勢で知られています。

この二人は、現在もアナウンサーとして精力的に活動しあります。

織田裕二さんと中井美穂さんのコンビを応援する声が多い中、新しい3人のキャスターがどのように番組を盛り上げるか、期待ですね!

スポンサーリンク




 

織田裕二が世界陸上キャスターを降板したのはなぜ?ギャラや復帰・復活も解説!のまとめ

今回は織田裕二さんが世界陸上キャスターを降板した理由、ギャラや復帰・復活の可能性について紹介させていただきました。

記事のまとめは、以下となります。

  • キャスターを降板した理由は10説ある
  • 有力な降板理由はギャラ・発言・視聴率
  • 自費で現地観戦をしていると噂されている
  • 2025年の東京大会でキャスターとして復帰すると噂されている
  • キャスターに抜擢された当初は陸上の知識はなかった
  • 新キャスターは江藤愛さん・石井大裕さん・高橋尚子さん

キャスターは卒業しても、今後ますます織田裕二さんの活躍を目にする機会が、増えてきそうですね♪

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!