生活

マスクがない時ガーゼや不織布で代用できる?実際に作ってみた結果を画像で紹介!

こんにちは。
新型コロナウイルスの影響で、依然としてマスクが買えない状況が続いていますね。

某大型スーパーでは毎日少しは入荷されるそうですが、開店と同時に売り切れてしまうんだとか。

コロナだけでなくインフルエンザやこれから花粉の時期に突入するのでマスクが手元にないのは心配ですね。

そこで前回の記事ではマスクの代用としてキッチンペーパーとティッシュペーパーを使って、即席マスクを作ってみました。

その記事はこちら↓↓

マスクが無い時の代用は何で出来る?キッチンペーパーや身近なもので作ってみた!新型コロナウイルスの影響で日本各地どこに行ってもマスクの品薄状態が続いていますね。 お店に売っていないため、オークションやフリマアプリ...

 

お手軽さと加湿効果的には悪くなかったのですが、実際にこれを付けて外出できるかと言われると微妙な感じだったので、今回はガーゼと不織布でマスクを作ってみたいと思います!

マスク代用ガーゼでマスクを作る方法

ガーゼマスクすら最近は売り切れで見かけることすらありません。
ですが、ガーゼ自体は売っているので手作りしてみようと思います!
材料(ガーゼとゴム)は100均(キャンドゥ)で揃えました。

用意するもの

  • ガーゼハンカチ
  • ゴム
  • 裁縫セット

 

 

ガーゼを折りたたむ

まずは、ガーゼを広げて好きな大きさに折りたたみます。
私の場合は、縦に三つ折り、横に三つ折りがちょうど良い大きさでした。

 

ガーゼの端っこがピロピロしないように、2㎝ほど中に折りたたみます。

両端を糸で縫う

両端1㎝ほど開けて、糸で縫っていきます。
凝った縫い方はしなくて大丈夫です。
面倒だったので、なみ縫いでザクザク1㎝間隔くらいで縫っていきました。笑

ゴムを通す

縫い終わったらゴムを通します。
ゴムの長さはお好みで構いませんが、参考までに1本25㎝ほどがちょうどよかったです。

ゴム通しがある方は使った方が簡単に通せますが、なくても自力で通すことはできます。
案外スルスル入っていきました。

完成!

両側ゴムを通して、結んだら完成です。
裁縫道具は必要ですが、10分もかからず作ることができました。

付けてみた感想

実際につけてみた結果ですが、普通にマスクです!
めちゃくちゃいい感じです。
鼻も隠れないと意味がないと思ったので少し大き目に作ってみましたがサイズはちょうど良かったようです。


あまりに良い出来だったので、そのままこのガーゼマスクを装着したまま買い物に行ってきました。
長時間つけてみて気づいたこと。

それは、ガーゼのケバケバが多少チクチクする・・・ということです。
もしかしたら敏感肌の人には向いてないかもしれません。

その場合は一度手洗いしてから使用すると少しは改善するかもしれないので試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

マスク代用不織布でマスクを作る方法

続いて100均売り場で目に入った不織布を使ってマスクを作っていきたいと思います。

・・・と言いたいところですが、不織布単体では売っていなかったので、不織布ケースを使用してみたいと思います。

用意するもの

  • 不織布(今回はケース)
  • ゴム
  • ホチキス

このケースをマスクにしようとするのがすでに間違っている気もしますが、買ってしまったのでとりあえず作ってみます!

 

側面を切り取る

ケースの一番大きな面を切り取ります。
二枚重ねになっていたので、一枚にして広げ、キッチンペーパーほどの大きさに切ります。
ここまではまぁ悪くなさそうです。

 

不織布をじゃばらに折る

以降はキッチンペーパー&ティッシュの時の作り方とほぼ同じです。
不織布ケースは生地がしっかりしているため反発力が半端ないです。
ちょっと手を離したらビヨーンと元に戻ってしまいます。

 

ゴムをホチキスで不織布に固定する

ゴムをホチキスで留めます。
ゴムを結ぶのは留めた後で大丈夫です。
不織布が分厚いため、ホチキスで留めるのもやっとな感じです。

完成!

かたい。

付けてみた感想

ないです。
これは失敗でした。
生地がしっかりしすぎているため、付けていて痛いです。
これだったらキッチンペーパーのほうがよっぽど良いです。

そもそも不織布をマスクの代用にする場合は、不織布ケースではなく「不織布」を使ってください。

もしこのままマスクが手に入らない状況がずっと続いて、どうにもこうにもならなくなった最終手段としては不織布ケースマスクはありかもしれません・・・。

 

 
手作りマスクに使えるゴム紐です。

スポンサーリンク

マスク以外で効果的な代用品は?

マスクは自分が保有しているウイルスを周りに拡散させないための効果はありますが、周りからのウイルス感染対策としてはあまり効果的とは言えません。

ですが、市販されてるウイルス対策グッズを併用することで効果を上げることはできそうです。

現在、マスクだけでなくアルコール除菌の類やウイルス対策系の商品も品薄状態なので、売り切れてしまう可能性もありますが、何点か紹介します。

ウイルス対策スプレー

顔にシュッとひと吹きするだけで、目や鼻や口からのウイルス侵入を防ぐ商品です。
ウイルスの侵入を完全に防ぐものではありませんが、人気商品なので売り切れる前に購入してくださいね。

 

ウイルス対策ストラップ

首からさげるだけでウイルスから守られる商品です。
二酸化塩素で空間を除菌してくれる仕組みですが、人体に悪影響はないです。

 

除菌スプレー

普段使用しているマスクにスプレーすることで、ウイルス対策効果が上がりそうですね。

スポンサーリンク

ネットで布マスクを購入する

調べてみると、意外にネット通販で布マスクが普通に売ってます。

5枚セットで1500円くらいのものもあるので、コスパも悪くないかと思います。

1世帯2枚の布マスク支給という前代未聞の政策に大笑いしましたが、いつ届くのかすら分かりませんよね。

使い捨てマスクはなかなか買うことができませんが、布マスクなら自分でネット購入した方が早そうです。

布マスクって顔にピタッとフィットするものが多い気がします。
市販のものなら手作りのものより強度が高そうなので繰り返し洗って何度も使えますね!

スポンサーリンク

マスクの代用まとめ

今回紹介した手作りマスクは、

  • ガーゼハンカチ
  • 不織布

の2つで作ってみましたが、実際に使えそうなのはガーゼハンカチでした。
ガーゼマスクなら洗って繰り返し使えるので、おすすめです。

ですが、手作りマスクにはウイルス感染防止のための効果はありませんので、ウイルス対策のためのスプレーなどを併用したり、基本の手洗いうがいをしっかりしてウイルスから身を守ってくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。